藤森稲荷講春季講社祭斎行

令和2年6月3日(水)午後6時半、境内にある藤森稲荷神社(ふじのもりいなりじんじゃ)を崇敬する方々による藤森稲荷講の春季講社祭を執り行いました。

例年は4月に行っていましたが、今年はコロナウイルスの影響により延期、本日参列者の座る椅子の間隔を空ける等の対策を施し、斎行する運びとなりました。

境内の一番高い位置に鎮座し、市内が一望できます

藤森稲荷神社は明治年間に市内から古熊神社境内に移り、以来山口中心商店街の方々や、市内の様々な経営者の方から崇敬され現在に至ります。

中でも特に崇敬される方によって組織されている「藤森稲荷講」は現在50名を超え、春と秋の年2回講社祭を行っております。

狛犬の代わりに、狐が御社を護ります

祭典では、神職と講員みなで大祓詞(おおはらへのことば)というお祓いの言葉を奉唱。

太鼓の拍子に合わせ、講員一丸となり東山にこだまする大祓詞は大変清々しく、神様もお慶びであろうと思った次第です。


宮司より、「本日お集まりの皆さんはもちろん、皆さんの会社で働かれている従業員の方々、全ての方々が健康で、"負い持つ業(わざ)"に励むことが出来るよう、祝詞で申しました。最近の流行り病により、夜も眠れない日が続いていると思います。そのような時だからこそ、神様の前で額突(ぬかづ)く素直な気持ちが大切であろうと思います。」と挨拶がございました。


例年通り、当たり前に祭典が行えることがどれだけ有り難いことか、痛感する日々です。

秋の講社祭は例年10月です。例年通りに秋のお祭りが出来ますように。


古熊ロゴ-透過.png

〒753-0031

山口県山口市古熊一丁目10-3​

TEL:083-922-0881

​FAX:083ー928ー2872

​Copyrights © Since 2019 Furukumajinja All Rights Reserved.