top of page

令和6年2月14日 -天神講碑移設-



明治23(1890)年に建立された「天神講碑」を移設いたしました。


天神講とは、明治15年古熊天神の護持運営のため地元の有志15名で創設された講(グループ)で、第35代宮司の真庭饒のときにできました。

そして講の運営がひと段落した明治23年に建立されたものです。

この石碑には天神講創設の目的や経緯、運営方法にいたるまで細かく記されています。


元々石碑のあった場所

そんな130年余りものあいだこの場所にあった石碑を、この度移設することとなりました。


山口市に古くからある石工屋さん、田村石材さまのご協力のもと、朝早くから工事を始めていただきました。


さすがプロ、あっという間に石碑を持ち上げ新しい場所に移設してもらい、午前中には作業は終了いたしました。




移設先は神社向かって右側の、神馬像の横です。

元々そこにあったかのような佇まいで、安心いたしました。


なぜ今回この天神講碑を移設したのか。

それはこの場所に新たに"とあるもの"を設置する予定だからです。


その何かはまだお伝えすることはできませんが、近々皆様にもご案内できるものと思います。

楽しみにしていただければ幸いです。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page