七夕まつり

市民の皆さまに、ささやかながら夏祭りの思い出を……。

その思いから昨年75年ぶりに復活した七夕まつり、今年も斎行いたします。

​まだまだコロナ禍の最中でのお祭りですので、派手なことはできませんが、

さやさやとそよぐ竹や短冊の音に和み、ゆらゆらと揺れる灯籠の炎に心を癒していただければ、

その姿に天神さまもさぞかしお慶びになられるものと思います。

​皆さまのお参りを心よりお待ち申し上げております。

​七夕飾り・催しもの

IMG_8398.jpg

お願いごと短冊奉納

​8月1日(日)~10日(火)

期間中、境内にささ竹を飾っています。

​短冊も準備しておりますので、お願い事を書いて飾ってください。

IMG_0454_7.JPG

納涼水みくじ

初穂料:200円

水に浮かべると文字が出てくる不思議なおみくじ。

​今年下半期の運勢を占ってはいかがですか?

IMG_8223.jpg

除災​招福の音

​風鈴祈願

初穂料:お気持ち

境内には風鈴の涼やかな音が響いております。

短冊にお願いごとをしたため、​天神さまにお届けいたしましょう。

IMG_8310.jpg

祈りのともしび
牛乳パック灯ろう

牛乳パックを再利用して手作りした灯ろうにお願い事を書き、境内に光を灯します。

皆さんもぜひ作って、神社に持ってきてください。

​七夕の夜を明るく幻想的に照らしましょう。

  • 募集 8月6日(金)まで

  • 点灯 8月7日(土)18時~20時

​  ※雨天時は8月8日に順延

お参りに際しての注意

コロナ禍での神事・催事となります。

  1. マスクの着用をお願いします。

  2. 手指の消毒・間隔を空けるなど密を避けた行動にご協力ください。

  3. ​体調のすぐれない方は、お参りをお控えください。

​何卒ご協力のほど、お願い申し上げます。

天神さまと七夕

IMG_8322.jpg

ひこ星の行きあいをまつかささぎの

渡せる橋をわれにかさなむ

天神さま”菅原道真公”が、大宰府にて七夕の夜に詠まれた歌です。

”かささぎ”とは、七夕の夜、織姫と彦星が出逢うとき、天の川に翼を広げて橋渡しをする鳥のことです。

そのかささぎの橋があれば、私も京に戻ることができるのに……。

天神さまの悲哀に満ちつつも、​美しいお歌です。

​ゆかたdeお出かけキャンペーン

市内の呉服店さんが中心となって、お得な”ゆかたdeお出かけキャンペーン”を開催されています。

ぜひ、ゆかたを着てお参りに来られませんか?

当社以外にも、ゆかたを着て行くとサービスを受けられるお店もたくさんあるそうです。

​詳しくは公式サイトをご覧ください。(下の画像をクリック・タップ)

001.jpg

​昨年の七夕まつり

戦前の七夕まつり