三森神社屋根葺替事業ご奉賛のお願い

古熊神社境内の北側、放生池を渡ったところに鎮座されています境内社三森神社(みつもりじんじゃ)は、もともと惣太夫町(現山口駅周辺)にお祭りされていた三社の鎮守さまを、明治41年3月、現在地に併せ遷座されたお社です。

以来、風雨順調を祈る八朔のお祭りや、身体健全殊に脱腸封じを祈る神さまとして氏子はもとより、市内外各地より崇敬を仰がれ、現在に至っております。

しかし、社殿は昭和45年の屋根葺き替えより整備はされておらず、およそ半世紀の時を経て屋根の腐朽も著しく、早急な葺替及び各所修理の必要に迫られております。

つきましては、この度50年ぶりの三森神社屋根葺替工事及び社殿周辺の整備事業を執り行うことと相成りました。鎮守さまとして先人たちが大切に守り抜いてきましたこのお社を後世に伝え、また御神恩に報いるためにも、本事業を完遂いたしたき念願を抱いております。

世情は未曽有の混乱の最中、甚だ恐縮には存じますが、何卒事情ご賢察のうえ、ご奉賛を賜りますよう此の段伏してお願い申し上げます。

​予定している事業

IMG_0418_5.HEIC

御屋根葺き替え

現在の御屋根は昭和45年(1970)に葺き替えられました。

半世紀の時を経て、サビや穴など痛みが目立ち、早急な葺き替えの必要に迫られております。

​新しい御屋根は銅板葺きにて、令和3年10月よりの工事を予定しております。

IMG_8171_2.JPG

周辺整備事業

三森神社の周辺は、桜が多く生え花見の名所といわれていました。

しかし近年は杉やモミジが無造作に生え、社殿に日の光も入らず鬱蒼としています。

​ご神木は残し、その他の雑木を伐採し、社殿廻りを明るくよみがえらせます。

P4020036.jpg

放生池清掃事業

三森神社の手前にある放生池は、大正年間に整備されたもので、鯉が泳ぎ氏子の皆さまの癒しとなっています。

​底にたまった泥を取り除き、今後も末永く愛される万物の源として整備いたします。

総事業費は100万円の予定です。

ご奉賛(ご寄付)について

上記事業の趣旨にご賛同いただけます方は、以下の要項をご覧のうえご寄付いただきましたら幸いに存じます。

【奉賛金額】1口3,000円

【奉賛手順】

  1. 申し込みフォーム、またはお電話(083-922-0881)にて、お申し込みください。奉賛申込書を郵送いたします。

  2. ​申込書にご記入のうえ、ご奉賛金を添えて社務所に持参いただくか、郵送してください。

3e6d27bc9f2f1fe612523a677ff0d370.jpg

​時節柄たいへん恐縮ではございますが、なにとぞ趣旨をご賢察いただき、ご奉賛いただきますようお願い申し上げます。